2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月29日 (火)

Peanuts Character Book のふろく トートバッグ

PEANUTS CHARACTER BOOK  SNOOPY と 72人の仲間たち  

7月23日発売だそうな。

本の内容はキャラクターの紹介だとしたら、そんなに新しさは感じないが、この付録はよさそうなのでたぶん買うでしょう。 付録バッグのイラスト部分です。

Mook_bag

 さて、
 このスヌーピーはどのコミックからか。

  驚天動地のハ・ハ・ハーマン 

             こちら


  って書きましたが違いました。

追記 (6月10日)

訂正します。 よく似てるのでまちがいました。

1970年1月4日のものです。6月10日の記事をご覧ください。

 

                                                                                  
                                                                       
                                                                       
                                           
                                                             ぺパミントパティーに誘われたチャーリー。スヌーピー、マーシーも交えて4人(3人と1匹)で、ハ・ハ・ハーマンで遊ぶ。 HA・HA・HERMAN かくれんぼみたいなものなんでしょうか。

チャーリーは灌木のかげに隠れて、もういいよとの合図に「ハ・ハ・ハーマン」と叫ぶ。
探し始めるペパミントパティーとマーシー。マーシーがペパミントパティーに聞く。

先生(先輩)はチャーリーのことを愛しているんじゃないですか?と

それに対するペパミントパティーの答えは「あんな退屈で寝ボケてて優柔不断のおなじみチャックと誰が恋に落ちるの?」

それを聞いていたチャーリー。スヌーピーを連れてとぼとぼ家路につく。
気がついたペパミントパティーが聞いてるってしらなかったのよと言うがすでに遅し。

数日後マーシーと連れだって謝りにきたパティー。チャーリーは赤毛の女の子の話題を持ち出して彼女を怒らせてしまうのでした。

このエピソードは1971年10月4日から16日まで続きます。

和書では、ツルコミックまたはSNOOPY BOOKS 第41巻「ゆめみるスヌーピー」に掲載されています。                                                                                                        

ちなみに 「 Ha Ha Herman, Charlie Brown 」という洋書もあります。

2012年5月25日 (金)

復刻モノ

Peanuts本はかなり収集しているが、グッズは本に較べるとほとんど持ってないに等しい。

そんな私でも、いくつか欲しい古いグッズがあった。

いくつかのファイヤーキングのミルクマグとアストロノーツドールである。
それらが復刻されるという。

ファイヤーキングジャパン オンラインショップ (Peanuts)    こちら

新しいシリーズも販売されています。
レッドバロン 販売していないになっている。4月中に頼んで手配中だが来るのだろうか?

アストロノーツ・ドールは メディコム・トイ から  こちら

ちなみにこのドールの箱のデザインはこの図柄↓だったはずだが、こちらはどうなるのだろう?

Can_astro

2012年5月22日 (火)

ペンケース SNOOPY of the 1950s

以前、お友達のMさんからいただいたペンケース。

Pencase_0820

1951年8月20日のコミックからのものである。 こちら

この赤ちゃんにしかみえないシュローダーが突如、おもちゃのピアノでクラシックを演奏しだすのはこの約1カ月後の9月24日のことである。

シュローダーが弾くピアノの楽譜は全て本ものである。チャーリーブラウンのチームのキャッチャーである彼が、突き指をして、指が大丈夫かどうか確かめるのにピアノを弾くというコミックがあるのだが、その時に弾いているのは「エリーゼのために」である。

私にわかるのは残念ながらその程度。でも絶対いると思います、Peanutsに出てくる楽譜の曲名が全てわかる方。誰かそういうサイト作ってないかな~。

2012年5月19日 (土)

Peanuts と 日食

ツルコミック第31巻「 こっちむいて、チャーリーブラウン」

この本には日食に関するエピソードが掲載されています。

1963年7月15日月曜から7月20日土曜までの6本。(P46,48~52) 

当時、シュルツ氏はカリフォルニア州セバストポール(サンタローザのシュルツ・ミュージアムから20分くらいのところだそうです)に住居があり、この地域では1963年7月20日の日食は見られなかったようですが、氏のご両親の住居は北部のミネソタ州にあり、そこは日食が見られる地域だったようです。実際にご覧になったのかはわかりませんが、漫画を仕上げておいて、日食を見に帰省なんてこともあったのかなと思ったり。

このエピソードの中で日食を見るのは危険だとライナスが言っています。 こちら

明後日のために、日食グラスは買いました。

お天気が気になるところですね。

Tsuru31


  さて、表紙の元コミックです。

  ルーシーは
  1962年3月25日のもの。
  ライナスの眼鏡に映った自分を
  見ているルーシー。その後
  スヌーピーも同じことをして、
  ライナスにわかったよと
  怒鳴られます。
  ツルコミック第7巻
  「ずっこけスヌーピー」に掲載。

  チャーリーは?

  よく似たのはあるのですが
  これはまたいずれ。

  

Peanuts Parade 「 Fly,You Stupid Kite Fly 」

Peanuts Parade 「 Fly,You Stupid Kite, Fly 」

Stupid_kite_pp

この本は1957~1959 あたりのコミックを
掲載しています。

 

表紙の元コミックは、1976年3月7日の
ものです。

 
Peanuts Paradeのこの巻が発行された
のは、1976年なので、表紙には旬の
コミックを持ってきましょうみたいな
感じだったのかも。

 
 チャーリーの凧揚げに文字通り
 巻き込まれるスヌーピー。
 どうしてぼくはワイオミングの心やさしい
 牧場主に飼ってもらえなかったのだろう、
 とぼやくのであった。  こちら

ちなみにこの表紙と同じコミックを使っているのが
Peanuts Collector Series 第6巻「 If Beagles Could Fly 」

Pp6_beagle_fly

Complete Peanuts が出る前、年代順に読めるように、Holt,Rinehart 、Peanuts Parade、
Peanuts Collector Series と集めていました。
この第6巻は結構入手するのに苦労したので思い入れのある本です。
「If Beagles Could Fly」 もしビーグルが空を飛べたら世界はもっといいものになるのに。
1987年9月27日のコミックでスヌーピーが言っています。
1980~2000までの日曜版のシリーズ(全10巻)、角川書店 Peanuts Sunday Special Series 第4巻に収録されています。

 

2012年5月17日 (木)

「 Fly,You Stupid Kite,Fly 」

Peanuts Classics 「Fly,You,Stupid Kite,Fly」  画像は昨日分の最後にあります。

このPeanuts Classics というシリーズは42冊もあるのだが、半分くらいしか持っていません。

さて、チャーリーブラウンが凧揚げをしているコミックは初期のころから多数あります。一番古いのは1952年3月21日のものです。 こちら   

1950年代半ばのコミックにはタコに翻弄される様子を描いたものが多数見られます。
タコがなぜか下水溝にはまりこんでいたり、ゴミ缶に入っていたり。この表紙の元コミックもそんなチャーリーの一場面からのものです。1958年3月5日のコミックより  こちら

この題名の「Fly,You,Stupid Kite,Fly」はルーシーのセリフの一部です。1958年3月6日のコミックのもので、チャーリーを応援、励ますルーシーですが、タコに対する悪口雑言でチャーリーがなんとも言えない顔をしています。  こちら

映画「スヌーピーとチャーリー」(A Boy Named Charlie Brown)でタイトルの後、ロッド・マッケンの主題歌が流れる場面で手作りのタコを揚げようとしますが、全くうまくいかず、ついに放り投げてしまいます。そのタコがドッグハウスの上で寝ているスヌーピーの腕にひっかかると、何と空高く揚がるのでした。

さて、さて、この「Fly,You,Stupid Kite,Fly」 同名の別の本が存在します。
Peanuts Parade の 「Fly,You,Stupid Kite,Fly」 これも表紙が素敵なんですよ。

 

2012年5月16日 (水)

ツルコミック第14巻「うすのろ チャーリーブラウン」

私が一番初めに買ったツルコミックである。今なお時々読んでいるのでさらにぼろぼろになってきている。一時、Peanuts本は読むものから集めるものになり、ほぼ集め終わって、また読むことに戻りました。この本には1972年あたりのコミックが収録されています。タコ食いの木のエピソードのものは載っていません。

Tsuru14

  ツルコミック第14巻
  「うすのろ チャーリーブラウン」

  凧揚げに苦労し、
  時にはタコに翻弄される
  チャーリーブラウン。

   
  そして、彼のタコを食べてしまう
  タコ食いの木。

  タコ食いの木がタコを食べている
  様子をみて、チャーリーが言う。

  こんな身の毛のよだつもの
  見たことないよ。 こちら

 

  でも時としてタコ食いの木に
  タコをあげてしまうチャーリー。

  こちら
   

さて、この表紙のコミックは?

この表紙はコミックからではなく、Holt,Rinehart and Winston の 「You're Out Of Mind,Charlie Brown」の扉画のものです。

Out_of_mindOut_of_mind_2


さて、凧揚げの表紙って結構あるのですが、

今日のところは Peanuts Classics 「Fly,You Stupid Kite,Fly !」 にしました。

Stupid_kite_pc

 

2012年5月15日 (火)

ツル・コミック第13巻 「0・0・スヌーピー」

昨日のボダムの元コミックの掲載本は、第13巻ってことで、

ツルコミック第13巻 「0・0・スヌーピー」

Tsuru13この表紙のスヌーピーは、ライナスの
毛布に関するエピソードからのものである。
「おばあちゃんがたばこをやめたら毛布を
やめる。」そんな約束をしたライナス。

ほんとにおばあちゃんがたばこをやめたので、
ルーシーに毛布を取り上げられてしまう。
毛布を取り返すために登場したのが

「The Secret Agent」
スパイに扮したスヌーピー。 こちら

このころのスヌーピーはスリムだ。
90年代のやや太めのスヌーピー
には着こなせないいでたちである。

このエピソードを掲載しているのは
ツルコミック第14巻
「うすのろ、チャーリー・ブラウン」

ツルコミックは表紙のコミックがその本に
掲載されていないものが結構多い。

この流れで行くと次回は第14巻です。




 

2012年5月14日 (月)

bodum × Peanuts

昨日に続き、bodum × Peanuts その2、チャーリー&スヌーピー。

Bodum_2

 

何かをおねだりするスヌーピー。最初は絶対拒んでいたチャーリーもついに根負けして、スヌーピーの要望にこたえるのでありました。さて、それは。

カフェテリア風、いくつかチョイスできる食事をしたかったスヌーピーでした。

元になったコミックは1967年8月27日の日曜版です。 こちら

和書では、ツル・コミックまたはSNOOPY BOOKS 第13巻「0, 0, スヌーピー」に掲載(絶版)されています。

  

2012年5月13日 (日)

母の日にちなんで

本日紹介するのは Bodum×Peanuts トラベルマグ

取り扱いは PLAZA online  こちら 

Bodum_1


  このスヌーピーは1969年4月12日
  のもの。 こちら

  なぜこれが母の日にちなむかというと

  ある日スヌーピーは所在不明の母を
  探して旅にでます。途中木に
  ぶつかったり、雨に降られたり、
  ネコを避けるために木に
  よじ登ったり(その場面です)、
  馬に尋ねたり、よく似たビーグル犬を
  犬間違い!? したりします。

 

結局探し当てられずに帰ってきたスヌーピーに、チャーリーが旅の顛末を本にすることを勧めます。

そして、書き始めたスヌーピー。タイトルはおなじみ 「暗い嵐の夜だった」 。

このエピソードは1969年4月8日から17日まで続きます。

2012年5月11日 (金)

ファミリアのツル・コミックTシャツ

ファミリアのツルコミ仕様Tシャツ。近くに扱っている店はないのでオンラインショップで買ってしまいました。お買いものスヌーピーでも取り扱っています。 

  ファミリアのスヌーピーTシャツフェア こちら 
   ファミリアオンラインショップ  こちら

30_famiria_2
ツル・コミック第30巻 「そっとおやすみスヌーピー」 。デザインそのまま。

他に、第40巻「スヌーピーのげきつい王」、第44巻「最高だよ、スヌーピー」もあります。

Famiria_t_tag_2
  

  ← タグの裏が元コミックになっています。

   1964年2月22日のものです。 こちら

   このコミック自体は30巻ではなく、
   第32巻「空飛ぶスヌーピー」に
   載っています。 

 

2012年5月 7日 (月)

君にリンゴの果樹園を約束したおぼえはないね

小説家スヌーピー 第2弾、
「君にリンゴの果樹園を約束したおぼえはないね」 

元本は↓左側  ”I Never Promised You an Apple Orchard” 
                 The Collected Writings of SNOOPY

Apple_orchard_4Yellow_green_3

元本はページの色が緑、黄色、と交互になっています。日本語版は前半分は緑ページ、後半分の日本語訳分が黄色ページになっています。

内容は、前半がスヌーピーが執筆中の文章にライナスやルーシーがアドバイスしている場面などで、後半は実際にスヌーピーが書いたとされる著作「アバヨ、カバヨ、カリブー!ある極北の物語」となっています。

原題は「”Toodle-oo,Caribou!”A Tale of The Frozen North」、谷川俊太郎氏が日本で最初にこの元コミックの1972年10月1日分を訳された時(スヌーピー全集第2巻)では「どうどう、となかい!ある極北の物語」となっています。

日本版では元になったコミック6本があとがき部分で紹介されています。
そのうち1本はツルコミック第48巻「売れっ子作家スヌーピー」の表紙にもなっています。

1972年10月1日のコミック  こちら 、1972年10月15日のコミック  こちら

おまけです。

小説家スヌーピーが表紙の本を撮影してみました。グッド・グリーフはシュルツ氏の伝記です。

Literary_ace_5Literary_ace_2

左から ツルコミック第47巻「しあわせだね スヌーピー」
      ツルコミック第48巻「売れっ子作家 スヌーピー」
     SNOOPY STARS 「The World Famous Literary Ace」
     Ballantine Books 「It Was A Dark And Stormy Night ,SNOOPY」
     グッド・グリーフ

この小説家スヌーピーも悪くないけど、普通にエピソードでまとめたコミック集を出してくれるといいのにな。

2012年5月 6日 (日)

Peanutsコミックと月

昨日の月、撮影したのはすでに夜もふけた頃・・・

120505_moon_3
上空高いところにあって普通の満月より大きいのかどうかはわかりませんでしたが、輝きは増しているような気がしました。

Tsuru35_6


Mooneyes_cup_4

 

左 ツルコミック第35巻 「失恋しちゃったスヌーピー」
右 MOON EYES マグカップ     MOONEYES のスヌーピー商品は こちら
 

さて、Peantusの漫画でも月は登場します

1965年1月22日から2月12日まで続くスヌーピーの恋物語。
ある月夜の晩、スケートをしていたスヌーピーはそこに現れたメスのビーグル犬に恋します。残念ながらこの恋は成就しません。

忘れるために食に走ったスヌーピーがどうなったか? ツル・コミック第35巻「失恋しちゃったスヌーピー」の表紙にもあります。

このエピソードの中で背景に月が大きく描かれているものがいくつかあり  こちら  
印象に残っているコマでもあります。

でも 昨日の月の印象に一番近いコミックと言えば 1967年7月9日のもの  こちら

数年前に THEATER 8 と映画MOON のコラボ商品にも使われていました。 こちら

100年前より月は5ヤードほど遠くなったことも気がつくライナスなら、昨日の月を見て
何というのでしょうね。

 

 

 

トップページ | 2012年6月 »