2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月25日 (水)

リーランドはファイブじゃない

買ってきました。「Peanuts Character Book SNOOPY と72人の仲間たち」

本の内容、人物紹介が半分、最新グッズ紹介が半分ってところです。

Mook_front_back

                         左、表紙 右、裏表紙   

びっくりが一つ、人物紹介でリーランドの画が全てファイブになってしまっていること。

すごい間違いだ。

ファイブは名前が555(通称5)で姓が95472、3(Three)と4(Four)という妹がいて、初登場は1963年の9月30日。しばしばチャーリーの野球チームに登場する。

Mook_five
裏表紙のを拡大。リーランドとありますが、間違い。

実際のリーランドはキャッチャーマスクで身長の半分がおおわれてしまうほど小さな男の子。

実際のリーランドは こちら

1977年3月17日のもの。

リーランドのチームメイトのミロもバットを持ちあげることすらできないほど小さい。
↑ バットを普通に持っているのがおかしいと思わなかったんですね。

このムック本のブックインブックの23のストリップでとりあげている1編、

本の中身より外装や印刷にとらわれているペパミントパティーにマーシーが言う。

「一度でも本を読んだことあるんですか?」    

デリックバングさんにはこの本見せてないのだろうか? 

さて、このファイブはいつのものかというと、1968年8月16日のもの。 こちら

いつものように野球の試合中のPeanutsキッズ。マウンドにはチャーリー。
赤毛の女の子が見ているのに気づいたチャーリー。ボールが指から離れなくなり体は震え始める。家に戻って少し休んでいる間に試合は続き、リリーフに出たライナスのおかげでチームは勝利。「興奮のあまり赤毛の女の子は勝利の直後ライナスに駆け寄り彼をハグしたよ」 とチャーリーに教えるファイブでした。 AAUGH !

2012年7月22日 (日)

The Complete Peanuts 1981-1982

ライナスつながり。

「The Complete Peanuts 1981-1982」

この本の表紙のライナス、髪の毛が逆立っている。ライナスのこの表情は、よくルーシーがらみのストリップで見られるがこれはそうではない。

Complete_81

1978年8月31日のコミックからです。  こちら

赤毛の小さな女の子(Little red-haired girl)に恋するチャーリー・ブラウン。

彼女に電話をしたらと勧めるライナス。番号案内に電話番号を聞いて電話するチャーリー。しかしなぜかマーシーのうちにかかる。マーシーはペパミントパティーにかけるつもりの電話と思いこみ、チャーリーが待ってと言う間もなく、マーシーのうちに来ていたぺパミントパティーに代わる。そしてパティーにデートの約束をさせられてしまうのでした。

そのやりとりを聞いてたライナス、この驚きの表情です。

この赤毛の小さな女の子が最初にチャーリーのモノローグで登場したのは1961年11月19日のこと。Little girl with red-hair (当初はこの表記でした)を見ながら、彼女がお昼休みにベンチに一緒に座ってくれたらなぁ と夢見るチャーリーでした。

1969年7月14日からはじまる赤毛の女の子の引っ越し騒動では、引っ越しのトラックが彼女の家の前に停まっているのに気付いたライナス。チャーリーに今、彼女に話しかけないと二度と会えないよと言い説得するも、チャーリーは何もせず、トラックは走り去ってしまいます。
このエピソードは和書には掲載されていません。

その時にもライナスの髪は逆立っています。 こちら

その後、スキースクールに行った先で彼女を見かけたチャーリー。リフトから落っこちてどたばたしている間に、ライナスが彼女と話ができたことを聞いて泣いてしまったりもします。
1969年12月のエピソードです。ツルコミック第25巻「だまっててよ、ルーシー」に掲載あり。

その時一緒にいったスヌーピーはコーチみたいにかっこいいです。
月刊スヌーピー1974年2月号の表紙にもなっています。

Ge7402
その後も、キャンプ先でペパミントパティーが彼女に遭遇し、騒動になったりなど数々のエピソードに姿なきまま登場します。

彼女はまたチャーリーの家の近くに戻ってきたらしくおばあちゃんと知り合いになったりという展開にもなりましたが、最後までチャーリーは彼女には話すらできなかったのでした。

その彼女がシルエットで登場したのは、1998年5月25日のことでした。

ライナスではじまった話が違う方向にいってしまいました。
次も始まりはライナス!で書いてみたいと思います。

 

2012年7月13日 (金)

Fire-King 「 CAFE / LINUS 」

ライナスのグッズはあまりないですね。単独はほんと少ないです。うまくワゴン押している風にしていますね。

Fking_linus

一見リラン?にも見えますがこれはライナスです。

1992年7月26日の日曜版からのものです。  こちら

コミックでは段ボールを小山に押し上げています。グラス段ボールスキーにトライするライナスとサリー。雨が降ってきてすべりやすいから大丈夫? なわけないか。

サリーがうちに帰ってチャーリーにぼやきます。「愛って奇妙なことさせるのね」

角川書店 Sunday Special Peanuts Series SNOOPY 第6巻 掲載されています。

 

 

2012年7月 8日 (日)

Fire-King 「 CAFE / LUCY 」

ファイヤーキングコレクターではないので定かではないが、その昔のビンテージ、Peanutsのファイヤーキングものでルーシーのデザインのものは見たことがない。

グッズに使われるのはスヌーピーが圧倒的に多い。ルーシーものはなかなかなく、こういうのは探しがいがある。

Fking_lucy


さて、このルーシーはコミックでは何を運んでいるのでしょうか?

ビーンバッグ(チェア)でくつろぎながらテレビを見ているライナス。そこへビーンバッグをかついだルーシーが登場。ライナスをビーンバッグごとおしのけてテレビの前に座ります。

1982年9月15日のものからです。 こちら

ビーンバッグとは昔だったら豆類、今ならペレットやビーズを袋につめたもので、ジャグリング用の小さな物もビーンバッグと言うようです。

ビーンバッグ(チェア)はPeanutsコミックにはしばしば登場します。

有名なのはサリーが夏休みに行ったビーンバッグキャンプのエピソード。ビーンバッグに寝そべりだらだらしながら、ジャンクフードを食べるだけの過ごし方で、激太りで帰ってきたのでした。あまりの激太りにチャーリーはサリーにビーンバッグに近づくことを禁止し運動することを命じます。そのあとビーンバッグに寝そべるのは・・・     こちら  

おまけ。

Complete_81_82 

← The Complete Peanuts 1981-1982 裏表紙

ここにもルーシーとライナスのビーンバッグもの。ビーンバッグでテレビ見たいんだけどと言うライナス。私が先にいるからだめとの答え。ライナスが言う。僕の人生そのもの。最後のセリフは谷川氏の訳では「ビーンバッグの上の凡人」。

 

ヴァン・ペルト家の序列、一番がルーシー、二番がライナス。

2012年7月 5日 (木)

スヌーピー全集 復刊

復刊ドットコムから待望のスヌーピー全集の復刊が決定。

復刊までの経緯は復刊ドットコムの社長さんのブログで。 こちら

購入予約もできます。全巻予約は送料代引き手数料だそうです。 
復刊ドットコムの購入ページは  こちら

スヌーピー全集とは、週刊朝日にほぼ毎週谷川俊太郎氏の訳で連載の、1970年代のPeanuts日曜版コミックを年ごとにまとめ、1980年にスヌーピー誕生30周年記念企画として、角川書店からまず第8巻(1978年の日曜版)第9巻(1979年の日曜版)が刊行されました。

その後半年にわたり、2冊ずつ5回で10巻。その後別巻としてピーナツ・ジュビリー(漫画スヌーピーの25年)が刊行。別巻はシュルツ氏の生い立ちからPeanuts誕生の逸話やコミック満載の本です。(この本についてはまたいずれ)

このあたりのことは、以前別サイトでも書いたことがあるのでそちらもご覧ください。中ほどにあります。 こちら

Zenshuu_8


写真は、スヌーピー全集 第8巻 年数のわりにはきれいだが、背表紙は色が抜けている。

SNOOPY BOOKS の文庫版復刊のときもそうでしたが、持っているのは読書用、新たに買うのは愛蔵用になることでしょう。中身同じでも、10巻収納ボックス付きとかあるともういけませんね。買い逃してなるものかになってしまいます。

1冊につき1年分、52本か53本の日曜版が収録されています。1680円は値打ちがあると思います。30年前は980円でした。

SNOOPY BOOKS 86巻は1000部限定でしたが、今回はどれくらい見込んでいるのかな。
復刊リクエストが582票。1000くらいかな。

さて、この第8巻の表紙はどのコミックからか。

1976年6月13日の日曜版からです。この本には載っていませんね。 こちら

ホームランを打ったスヌーピー、出迎えのタッチが強すぎて・・・

 

2012年7月 3日 (火)

Fire-King 「 CAFE / SNOOPY 」

この HAND IN HAND のシリーズ、元コミックのチョイスが面白いと思うものの、スヌーピーに関してはちょっとどうかなと思います。CAFEの店員さんに扮しているのなら、口にくわえてもってくるのはあり得ませんし、手(掌)に持って運びませんか?

Fking_snoopy

スヌーピーがご飯皿を口にくわえてくるのは、チャーリーにご飯を要求する時なのですが。

今回、元コミックさがしはなし。同じようなのが多すぎます。

さて、料理人の帽子の帽子をかぶっているスヌーピーはコミックでもいくつかあります。
別サイトで一度紹介しているので こちら をご覧ください。中ほどにあります。 
1980年5月18日のもの。

でもこれはあまりにも定番。着せ替えの余地もあまりない感じですね。

こんなのもあります。 1992年6月22日 のもの。 こちら

それよりもこのお皿のドーナツ。チャーリーに電話でスヌーピーにごはんをあげるように頼まれたサリー。缶切りの扱いが苦手な彼女がスヌーピーに持っていったのは・・・ドーナツ!

1981年2月25日のものからだと思います。 こちら

つけたし。

写真の後ろの本は SNOOPY STARS AS THE DOG-DISH GOURMET です。

 

 

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »