2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Fire-King 「 CAFE / LINUS 」 | トップページ | リーランドはファイブじゃない »

2012年7月22日 (日)

The Complete Peanuts 1981-1982

ライナスつながり。

「The Complete Peanuts 1981-1982」

この本の表紙のライナス、髪の毛が逆立っている。ライナスのこの表情は、よくルーシーがらみのストリップで見られるがこれはそうではない。

Complete_81

1978年8月31日のコミックからです。  こちら

赤毛の小さな女の子(Little red-haired girl)に恋するチャーリー・ブラウン。

彼女に電話をしたらと勧めるライナス。番号案内に電話番号を聞いて電話するチャーリー。しかしなぜかマーシーのうちにかかる。マーシーはペパミントパティーにかけるつもりの電話と思いこみ、チャーリーが待ってと言う間もなく、マーシーのうちに来ていたぺパミントパティーに代わる。そしてパティーにデートの約束をさせられてしまうのでした。

そのやりとりを聞いてたライナス、この驚きの表情です。

この赤毛の小さな女の子が最初にチャーリーのモノローグで登場したのは1961年11月19日のこと。Little girl with red-hair (当初はこの表記でした)を見ながら、彼女がお昼休みにベンチに一緒に座ってくれたらなぁ と夢見るチャーリーでした。

1969年7月14日からはじまる赤毛の女の子の引っ越し騒動では、引っ越しのトラックが彼女の家の前に停まっているのに気付いたライナス。チャーリーに今、彼女に話しかけないと二度と会えないよと言い説得するも、チャーリーは何もせず、トラックは走り去ってしまいます。
このエピソードは和書には掲載されていません。

その時にもライナスの髪は逆立っています。 こちら

その後、スキースクールに行った先で彼女を見かけたチャーリー。リフトから落っこちてどたばたしている間に、ライナスが彼女と話ができたことを聞いて泣いてしまったりもします。
1969年12月のエピソードです。ツルコミック第25巻「だまっててよ、ルーシー」に掲載あり。

その時一緒にいったスヌーピーはコーチみたいにかっこいいです。
月刊スヌーピー1974年2月号の表紙にもなっています。

Ge7402
その後も、キャンプ先でペパミントパティーが彼女に遭遇し、騒動になったりなど数々のエピソードに姿なきまま登場します。

彼女はまたチャーリーの家の近くに戻ってきたらしくおばあちゃんと知り合いになったりという展開にもなりましたが、最後までチャーリーは彼女には話すらできなかったのでした。

その彼女がシルエットで登場したのは、1998年5月25日のことでした。

ライナスではじまった話が違う方向にいってしまいました。
次も始まりはライナス!で書いてみたいと思います。

 

« Fire-King 「 CAFE / LINUS 」 | トップページ | リーランドはファイブじゃない »

Peanuts」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1666025/46420498

この記事へのトラックバック一覧です: The Complete Peanuts 1981-1982:

« Fire-King 「 CAFE / LINUS 」 | トップページ | リーランドはファイブじゃない »